FCインテル、長友佑都です。
このたび、僕の監修してるアニメ『ゆうとくんがいく』の映画化が決まりました。
自分がアニメになって、それが映画になるなんて夢のような話で、心から嬉しく思っています。
嬉しく思うと同時に、僕自身が映画の『ゆうとくん』に負けないよう、子供たちに夢を与えられるよう、世界一のサイドバック目指して進んでいきます。

YUTO NAGATOMO

長友佑都

選手

DF 170cm 68kg
1986/09/12 愛媛県生まれ O型
東福岡高校/明治大学/FC東京/A.Cチェゼーナ/
現在インテル(イタリア・セリエA)所属

イタリアのプロサッカーチーム、「ブルーリ」に所属するゆうとくん。
今日は大事なカップ戦の1試合目。いつものようにゆうとくんが得意な走りを見せて1点ゲット!
この調子なら今日の試合もきっと・・・!

そこへケガから復帰した相手チーム「ネロFC」のムーロが登場。
圧倒的な高さを武器に、壁という異名を持つ彼がゆうとくんの行く手を阻む。
初対決のムーロにたじろぐゆうとくんであったが、持ち前の粘り強さと走りで立ち向かっていく!

しかし、ゆうとくんはムーロに全く歯が立たなかった。センタリングも走りも通用しなかったのだ。ゆうとくんとムーロの競り合いの末、相手チームに決勝点を決められてしまう。

ムーロに勝てなかったことにゆうとくんはショックで呆然。
ゆうとくんは初めて“壁”にぶつかってしまったのだ・・・。
ムーロに負けたことで自分の可能性に限界を感じてしまったゆうとくん。
がんばれない自分がチームにいてはいけないと、ゆうとくんは行く宛の無い旅へと出発する。

電車に一晩揺られた末、ゆうとくんはある港町に降り立つ。目的もなく街をぶらついているとサッカーで遊ぶ少年達に出会う。
少年達は伝説のサッカー選手「パッチョ」の得意技をなぜか知っていた。ゆうとくんはパッチョの技を見て、もしかしたらこの街にパッチョがいるのかもしれない、そして、そこに壁を突破するヒントがあるのかもしれないと思い始める。

とはいえ、行き先も全く決めていないゆうとくん。街を放浪していると、空き部屋があるという看板を見つける。ゆうとくんは部屋を借りようと坂の上にある家を訪ねる。
坂の上の家にいたのは、モップのようなおじいちゃん「ノンノ」とその孫娘「ルル」とルルの弟の「チチョ」の3人!
愉快な3人が暮らす家に居候することに決めたゆうとくん。新しい街でゆうとくんの新しい生活が始まる。

サッカーの練習をしていたある日のこと、ゆうとくんの練習を見ていたノンノはゆうとくんが今抱えている課題を的確に指摘する。驚くゆうとくんがノンノを問いつめると、ノンノはなんと伝説のサッカー選手「パッチョ」の知り合いだという!パッチョにサッカーを教えて欲しいとノンノに頼み込んだ結果、ノンノを通じてパッチョからの特訓の指令を受けることになった。

パッチョからの指示だとノンノは言うが、特訓はどれもおかしなものばかり。
泣いている赤ちゃんをあやせと言われたり、なぜか牛乳配達をすることになったり、コインの上に足の親指だけで長時間立てと言われたり・・・。
「なんですかこの特訓!?もう我慢できない!!」

文句を言いながらも日々特訓を続けたゆうとくん。気づけばカップ戦の2試合目が行われる日になってしまっていた。試合に戻れずにいたゆうとくんの元に来たノンノは、ある場所へとゆうとくんを誘う。
ノンノについて行った先は街のサッカー場。となり街との草サッカーの試合だった。負けている地元チームにノンノとゆうとくんが緊急参戦することに!ボールがまわってきたノンノの動きになんとなく見覚えが・・・。

草サッカーを楽しむ街の人たち。一緒になって走りながらゆうとくんは大切なことを思い出す。
「行かなきゃ・・・!」
ついにゆうとくんはプロサッカーチームに戻ることを決意する。

一方、アウェイのスタジアムではカップ戦の2試合目が行われていた。
ムーロの活躍で追いつめられているチームブルーリ。
ゆうとくんがいないことも響いて、2-0でブルーリは負けていた。このままではカップ戦を勝ち抜く事が出来ない・・・。チームメイトの間にも諦めの空気が広がっていた。
・・・すると突如スタジアムが湧き始めた!!

ゆうとくんがついにピッチに戻って来たのだ!チームを抜けたことを謝るゆうとくん。しかし、監督は優しく言葉をかける。

「分かってるよ・・・。勝つだけだ。」
「選手交代だ!」

ゆうとくんは取り戻した自信を背に、ピッチへと駆け出して行く。
ノンノからのおかしな特訓のおかげで成長したゆうとくん。試合はなんとか同点へと持ち込むも、ロスタイムへ。審判が笛に手をかけようとしたとき、宿敵ムーロとの競り合いに・・・!
ゆうとくんはムーロに打ち勝つことができるのか!?チームはカップ戦を勝利することができるのか!?

  • イントロダクション
  • キャラクター/キャスト
  • ソング
  • グッズ
ページトップへ